戸塚宿を行く

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »戸塚パルソ通信@メール

戸塚パルソ通信@メール 第59号

戸塚宿を行く

vol.023-02

柏尾川の源流を尋ねる(2)平戸永谷川を行く

戸塚区を貫く柏尾川は、平戸永谷川と阿久和川が柏尾町で合流して始まり、藤沢の川名で境川へ注ぎ込みます。流域の多くの川が、柏尾川の源になっている訳ですが、その一つ一つを訪ねて歩くのがこの企画。川を通して、戸塚と周辺の表情が見えてきます。

第2回は、平戸永谷川河畔を辿ります。

平戸永谷川の始点はこちら ここから先が馬洗川になります。

平戸永谷川は、市営地下鉄ブルーライン上永谷駅付近から、環状2号線の中央分離帯として流れます。

沿道に「日本三躰永谷天満宮」。
天神様こと菅原道真公が、自ら彫ったと伝わる、自身の彫像が収められています。「上永谷ふれあいの水辺」は、平戸永谷川から水を引いています。

明治の神仏分離まで、菅原道真公の像を守ってきた貞昌寺。

かつての水道橋の門柱でしょうか。

一旦、地下に潜ります。(上永谷方向を見ています)

柳橋。ここから環状2号を外れます。

水田橋

橋が交差しています。その下には地域の子供達の作品が!

永野小学校

上永谷中学校

河川敷に降りられる階段があちこちに設置してあります。

松神橋。

赤い欄干の神明橋。

神明橋を渡ると、下永谷神明社が鎮座しています。

プロムナード案内看板。 殿山橋。

猫橋。道標。プロムナードとしては東戸塚に向かっているようですね。

永谷橋を越えて。

芹谷川と合流。環状2号線の平戸立体の下をくぐります。

遊水池公園。

土の道は疲れた足に優しいのです。

外郷橋

国道1号線が見えてきました。 旧東海道と交わります。

赤関橋です。
参考:旧東海道を歩く1 境木地蔵〜赤関橋

さらに進むと、JRの線路沿いを流れます。

川上川と合流。

嶽下橋。横浜市の河川監視カメラが付いている場所ですね。

紀文の横浜工場わき。

阿久和川との合流地点!つきました!

川辺に向かって降りて行きます。

ここから、柏尾川が始まります!


○平戸永谷川
※実際移動したルートとは若干異なります。

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP