開花館クリニック

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »お店紹介

お店紹介

健康・福祉・教育・法律・相談・・・
「人」を見つめるメンタルクリニック

精神科・心療内科・ほか

医療法人 横浜いずみ会開花館クリニック

開花館クリニックは、昭和61年に開設された、長い歴史を持つ精神科、神経科、神経内科、心療内科、内科の医院です。 医療機関としてだけでなく、人が生まれ、成長し、社会人となり、やがて老いる過程で必要になってくる、福祉、教育、就労への相談をトータルでケアすることを基本的な理念としています。院長が創設した西横浜国際総合病院をはじめとして、高齢者福祉センター、児童福祉施設の横浜いずみ学園、虐待に関わる子どもの虹情報研修センター、グループホームなど、多彩な協力先と連携して活動しています。また、行政(特に戸塚区役所)とは開業以来、常に綿密な連携を取ってきています。

住所 〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町16-9カンパニュラビル4階
電話 045-871-6622
営業時間 9:00~17:00(水曜日は12:00まで。火・土曜日は20:00まで)
定休日 水曜日午後・木曜日・日曜日・祝祭日
URL

http://kaikakan.com/

開花館クリニック 瀬尾勲(せお いさお)理事長に伺いました。

パルちゃん:開花館クリニックさんは、戸塚パルソの中で場所を移られました。

瀬尾理事長:以前のバス停から見える位置はとても良かったんですが、我々の患者さんが、乗用車で送り迎えされることが多くご要望もあり、ビルの前まで車を乗り付けられる、今の位置に移ることにしました。

パルちゃん:戸塚区役所の目の前になります。新しい戸塚区役所の感想はいかがですか?

瀬尾理事長:とてもユニークな、今までにないタイプの区役所ですね。駐車場も使いやすいし、駅にも近くて便利なんじゃないでしょうか。

パルちゃん:区役所とは綿密に連携されているということですが。

瀬尾理事長:区や市などへ医療相談された患者さんを、当院へご紹介していただくことがあります。土曜日に戸塚駅前で開院しているところも少ないというのもあって、まずは「開花館へ」という感じに。頼りにしていただくのは嬉しいんですけれど、インフルエンザの患者さんなどもご紹介いただくことがあります。

パルちゃん:インフルエンザですか?ご専門ではないですよね?

瀬尾理事長:内科も診てますから、診療します。処方箋を書いて、薬を薬局さんに出してもらいます。通常の診療も、深夜まで掛かってしまうことが多いのですが、戸塚パルソのチェリー薬局さんを始めとして、当院の処方箋を扱う患者さんご指定の薬局さんは、ずっと待機してくれています。こういう地域のバックアップがあって、良い診療が出来るんだと感謝しています。

パルちゃん:地域ぐるみで、地域の健康を守っているんですね。

瀬尾理事長:ええ。多様性があるのが良いんです。当院も、もっと医療専門のビルの方が良いのじゃないかといわれたこともあるんですが、1階に不動産屋さんがあって、2階に床屋さんがあって、色々な業種がある。それが良いんです。待ち時間に患者さんが髪型を整えてくるようなことが出来た方が。 地域の交流と還元が出来るように考えて、休診日はクリニックの診療に関わらない部分を地域に無料で提供しております。以前からヨガ教室に利用してもらっていますが、少しずつ、多彩な使われ方が始まっていて、これからが楽しみです。

※インドアGoogleマップに対応しています。(一部店舗除く)

戸塚駅から店舗までのルート案内

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP