献上菓舗 大竹屋

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »お店紹介

お店紹介

四季を感じる老舗和菓子の逸品・戸塚唯一の明治神宮献上菓舗

和菓子 製造販売

献上菓舗 大竹屋

「昭和38年開業以来、半世紀近く、戸塚一筋の和菓子の銘店です。
「安心」「安全」「体に優しい」本物志向の和菓子を提供し続けています。
実績と品質が認められた大竹屋は、戸塚エリアでは唯一の「明治神宮献上菓舗」になっています。
「郷土 とつか」にちなんだ銘菓の数々をご賞味下さい。

住所 〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町16-10 ブルーゲートビル1階
電話 045-881-6712
営業時間 9:30~19:00
定休日 日曜日

オーナーの大竹寛さんに伺いました。

パルちゃん:こし餡最中の「戸塚乃里」、栗入り欧風カステラの「戸塚乃宿」、羊羹で栗を包んだ「戸塚乃女(ひと)」。他にも沢山「戸塚乃〜(とつかの〜)シリーズ」がありますが、それぞれ戸塚の街の特徴を表現しているんですね。

大竹さん:戸塚には豊かな歴史と風土がありますからね。以前、観光協会の方が、「郷土 とつか」という文章でまとめて下さったので、当店のパンフレットに掲載させてもらっています。無料で差し上げていますので、ぜひ一度お読み下さい。

パルちゃん:大竹屋さんのあんだんごは、「おいしいもの とつかブランド」にも選ばれているんですよね?

大竹さん:はい、戸塚区の区制75周年記念事業(2014年)で、区内のおいしいものを「とつかブランド」として認定しました。当店の「あんだんご」も多くの方からのご支持があり、認定していただけました。
自然な甘さの、こし餡と粒餡の二つの味が一度に楽しめます。

「おいしいもの とつかブランド」あんだんご

パルちゃん:他にも、四季折々の素材を活かした生菓子も人気ですね。

大竹さん:旬のものは美味しいだけでなく、身体にもいいんです。和菓子には昔の人の智慧が詰まっています。例えば、「葛」は、夏のお菓子にも、冬のお菓子にも使われる素材です。葛というのは、冷やして食べると身体を冷やし、温めて食べると身体を温める効果が出るんです。成分が変わる訳でもないのに不思議ですが、食で快適な生活を送る方法を、昔の人は知っていたんですね。

パルちゃん:へえ〜。

大竹さん:あと、和菓子には色々な遊び心や、工夫が隠れていることもあるんですよ。端午の節句(こどもの日)に食べる柏餅は、兜をかたどって「つの」を付けるのが本当なんです。機械だと、つるんとした丸い餅になってしまうので、柏餅の意味を表現できません。当店が手作りにこだわるのは、そういうことも大切にしているからです。

パルちゃん:ありがとうございました。

※インドアGoogleマップに対応しています。(一部店舗除く)

戸塚駅から店舗までのルート案内

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP