戸塚宿を行く

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »戸塚パルソ通信@メール

戸塚パルソ通信@メール 第65号

戸塚宿を行く

vol.028-1

柏尾川河畔を歩く戸塚駅から柏尾川始点へ向かう(1)

■戸塚駅東口の吉倉橋たもとから出発します。

■戸塚駅から柏尾川始点へ

河畔を歩くシリーズ。今回は戸塚駅から柏尾川をさかのぼり、始点(平戸永谷川と阿久和川の合流地点)まで歩きます。まずは大橋まで気楽に参ります。

吉倉橋から下流を見ると、柏尾川が、戸塚駅の下を流れているのがわかります。

戸塚駅東口

元吉倉橋

元吉倉橋は、東戸塚小学校へのショートカットルートとしても使われます。橋がそのまま歩道橋になっているのがユニーク。

ローソンの看板の後ろ側の木立が東戸塚小学校。毎年11月には戸塚ふれあい区民まつりが開催されます。

駒立橋

昭和8年に開設された戸塚競馬場に向けて、出走馬が渡ったことから「駒立橋」と呼ばれるようになったとか。

戸塚競馬場跡地は、日立製作所になっています。

川沿いのプロムナードには綺麗な花壇も見られます。が、張り紙には「花を持って行かないでください」とあります。丹精込めた草花を大事にしましょう。

大橋

そうこうしているうちに、遠くに吉田の「大橋」が見えてきます。
>>謎に包まれた戸塚の玄関口・大橋

堂々たる「毛槍」を模した街路灯。

大橋を横切ると、左手にアンダーパスが見えます。戸塚駅の東西の行き来が非常に便利になりました。
>>「行ってきました」戸塚アンダーパス開通式典

大橋を上流の方面から見てみます。

さらにプロムナードが続きますが、一気に緑が多くなった印象。

ここからさらに上流に向かいます!

○今回通ったルート

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP